FUNK'N JAMHOUSE

静岡市内で音楽イベントを企画しています。
facebook
http://www.facebook.com/funknjamhouse
Twitter
@FUNKNJAMHOUSE

タグ: AOYOUNG

s-fjh150418_poster


FUNK'N JAMHOUSE
-Spice PlayboyZ with AO YOUNG LIVE-
@Freaky show

2015.04.18(Sat)

■OPEN/START 21:00
■CHARGE 2,000yen

■LIVE
Spice PlayboyZ
MONKY(Sax) Black Bottom Brass Band
白石才三(Guitar)
越野竜太(Guitar) らぞく/(仮)ALBATRUS/ひこうき雲
小林眞樹(Bass) (仮)ALBATRUS
龍大(Drum) L.E.D/Freaky Machine

AO YOUNG(Guitar) Dachambo
https://twitter.com/ao420dachambo

■DJ
CITY BOY
Okayalright Good Friends

■Freaky show
静岡県静岡市葵区両替町2-4-9
フィエスタ両替町 5F
TEL:054-273-5588
http://freakyshow.net/

■INFO
fjh.ticket@gmail.com
blog http://funknjamhouse.ldblog.jp/
Facebookhttp://www.facebook.com/funknjamhouse
Twitter https://twitter.com/funknjamhouse

■Profile
『Spice PlayboyZ』
2013年頃から厚木のパワースポットなカレー屋「Nutty Spice』でのセッションから自然発生したパーティジャムバンド。
最初のメンバーはドラムにL.E.D/Orqesta Nudge!Nudge!の龍大、ベースに岩見継吾、ギターに白石才三、キーボードにcro-magnonの金子巧、サックスにBlack Bottom Brass BandのMONKY。数度のライブを経て「Nutty Spice」の閉店までこの店を拠点に活動。
2014年から湘南エリアを中心に精力的に活動を始める。
この頃からメンバーが流動的になり、らぞく、(仮)ALBATRUSのギターの越野竜太や同じく(仮)ALBATRUSのベースの小林眞樹やKINGDOM☆AFROCKSのパーカッション、IZPONが参加。
セッションを繰り返すうちにギターの小林洋太が参加し、現在のメンバーになる。
ファンキーなオリジナルを中心にカバー曲も交えつつ、超個性派メンバーの異種格闘技的なセッションはスリリングでダイナミック。 
湘南のパーティーシーンを沸かすそのパフォーマンスは必見!
IMG_9058

『AO YOUNG』
http://www.dachambo.com/heartfullmoon/
サイケデリックJAMBAND「DACHAMBO(ダチャンボ)」のギター&ボーカル、フロントマン、思春期のカリスマ。
ソロ活動では歌を唄うことを中心に、ジャンルを選ばず、自分の脳内風景を音楽で表現し続けているジプシーでもある。
RIMG1033

fjh140623_poster

FUNK'N JAMHOUSE
TOSHIZO and MARTER / AO YOUNG

2014.6.23(Mon)

■PIMPER'S PARADISE
静岡県静岡市葵区両替町2丁目3−2 NSコートビル2F
TEL054-273-8648
http://seijiuns.wordpress.com/
https://www.facebook.com/PP696

■OPEN/START 20:00
■CHARGE 2,000yen

■LIVE
TOSHIZO and MARTER
AO YOUNG(Dachambo)

■INFO
fjh.ticket@gmail.com
blog http://funknjamhouse.ldblog.jp/
Facebook http://www.facebook.com/funknjamhouse
Twitter https://twitter.com/funknjamhouse

【Profile】
■白石 才三(シライシ トシゾウ)(g)
Toshizo2013

http://inmylife-pro.com/profile.html
1977年1月29日、360°山に囲まれた長野県上田市に生まれる、幼少期はオランダで過ごし、17歳からギターを始め、バークリー音大入学のため20歳で渡米。
学内で最も異彩を放つサムライギタリスト、John Thomasに師事し、その師弟関係は今も続いている。彼のスタイル、スピリットを継承する唯一の日本人。
パフォーマンス科卒業後ニューヨークに移住し、Mark Whitfieldに師事する。
そして、あの9.11を経験し帰国。
2002年、上田市に帰郷し、地元長野の仲間と「blissed」、元晴(sax)と「so-ill」Dai Miyazaki(g)と「WESTLAND」、そしてあの三宅洋平と「(仮)ALBATRUS」等数々のバンドでギタリスト/ベーシストとしてのキャリアを積む。
フリーフェス”UEDA JOINT”を25歳で立ち上げ、10年間プロデュース。大規模なフェスを上田城跡公園でフリーで開催し、日本のフェスシーンに一石を投じる。
10年目の2011年にはベースレジェンドのT.M. Stevensなどを招聘し、ライブのみならず、レジェンドから直接個人レッスンを受けられるスペシャルレッスンプログラムをプロデュース。

現在は新たなバンド活動を目指してソロ活動中。
2012年初のソロアルバム『INSIDE OUT』をリリース。

favorite
Gene Ammons, Charles Earland, Al Grey, "Babyface" Willette, Black Sabbath, Boogaloo Joe Jones, George Braith, Herman Foster, Houston Person, Jimmy Ponder, Rufus Harley, Big John Patton, Melvin Sparks etc,,,

■Marter(マーテル)(vo,b)
marter

http://ameblo.jp/aldebaranyamauchi/
東京生まれ。14歳の時L.A.に移住。
高校時代にベースの虜になり音楽の道に進むことを決心。
バークリー音楽大学に進学。大学卒業後ロンドンに渡る。
その後帰国してジャムバンドPOSHを結成。POSH解散後、2002年に自宅録音で『樹海』『月の出汐』をリリースし、メディア / 国内外のミュージシャンから絶賛される。
2005年にアルバム『Preferable Reality』を完成させ、ヨーロッパツアーへ。
世界最大のエレクトロニックミュージックフェスティヴァル "sonar 2005" に正式招待されライブを敢行。
mixmaster morris, rei harakamiをはじめとする国内外のアーティストから高い評価を得る。
2009年にはベルリン滞在中に製作されたアルバム『weltraumastethik』を発表。
そして2012年にはJazzy Sportからアルバム『Finding&Searching』を発表。収録曲『When I'm with you』が iTune Best of 2012の Best R&B songに選ばれる。
また、音楽を始めると同じ頃に、目に見えないが存在する力に興味を持ち始め、太極拳・右脳開発法を学び始める。
音楽演奏を通して "zone"に入る神秘体験をする。「重要なことは自分の直感を信じて自分の中から真実を探すこと」。
音楽を通して、新しい時代に向けてスピリチュアルメッセージを発信し続ける。

■AO YOUNG(Dachambo)
th_RIMG0009

http://www.dachambo.com/heartfullmoon/
2014年のFUJI ROCK FESTIVAL出演が決定した、サイケデリックJAMBAND「DACHAMBO(ダチャンボ)」のギター&ボーカル、フロントマン、思春期のカリスマ。
ソロ活動では歌を唄うことを中心に、ジャンルを選ばず、自分の脳内風景を音楽で表現し続けているジプシーでもある。

このページのトップヘ