th_fjh121111_last


SHINJI HAYASHI ExhibitionVol.2
Photo Rock Festival 2012
×
FUNK'N JAMHOUSE
AO YOUNG LIVE

2012.11.11(sun)
@Nouvelle Vibe
静岡県静岡市葵区七間町10-7Kビル3F
TEL:054-254-5969
http://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22001164/

OPEN/START 16:00
CHARGE 2,000yen

■SHINJI HAYASHI(林 信二)
http://shinjihayashi.com/
東京都足立区の下町で生まれ育つ。
1980年代のアメリカでの旅、彼のヘリコプターの操縦によって視る事のできたアメリカの
ランドスケープに魅了され強く影響をうける。
東京のダウンタウンとアメリカンカルチャーのミックスが彼のスタイルのベースである。
コンセプト”One scean”とは、彼にとって重要な3つのエレメント、
脳、身体、ハートによって写真へのフィーリングを操作することである。
彼の作品において頻繁にシンメトリーのエレメントがみてとれる。
ちょうど彼の名前、林 信二のようにである。
本人曰く、このシンメトリーエレメントは計算されて撮られたものではなく、
彼のフィーリングをデヴェロップした結果によるものであり、
シンメトリーのものを目にした時、それらの中心線とは何であるのかと
疑問を投げかけるそうだ。
現在も東京の下町にベースを置き、
彼自身との正直さを写真とともに模索する一旅人であり続ける。

■AO YOUNG(Dachambo)
http://www.dachambo.com/heartfullmoon/
2012年早々3度目のAUSツアーも大成功に納めたサイケデリックJAMBAND「DACHAMBO(ダチャンボ)」のギター&ボーカル、フロントマン、思春期のカリスマ。
FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVALなどの常連として顔を並べるも、バンド自身が自ら企画運営するフェス「HERBESTA」では、昨年1万人以上の動員を集めたことは記憶に新しい。
フェス番長(YAHOO公認)の異名を持つ傍ら、ソロ活動では歌を唄うことを中心に、ジャンルを選ばず、自分の脳内風景を音楽で表現し続けているジプシーでもある。